撃沈

どうもこんばんは、長らくお待たせいたしました、一匹豚です。
最初に断っておくと、合宿ネタは明日うpします。
楽しみに待っててくれてた皆さん。ごめんなさい。
あまり期待せず気長に見守っててくれるとありがたいです。
さて、今回は合宿ネタでなく、普通に今日の出来事をつづっていこうと思います。

*ここから文体が急にエラそうな感じになってきますが、
 なにとぞご了承ください。(言い訳がましい)


今日は朝から妹が友達から借りてきたデスノートを読んだりしてダラダラ
過ごしていたが、今日も部活があるのでてきとうに切り上げて出かけた。
はずだったのだが、どうも切り上げる時間が少々遅かったらしく
部室の時計で8時半に来いと先輩に言われていたのに少し遅れてしまった。

*説明しよう。「部室の時計」というのは、普通の正確な時計よりも
 10分早めてあるので、「部室の時計で~時」と言われたら現実(?)時間で
 10分前には部室にいなくてはならないのだ。

先輩も忙しそうにしていたので勝手に着席して
自主練を始めた。それにしても、おととい楽譜が配られた
「ネオメロドラマティック」は殺人的な難しさだと思った。
楽譜の最後に書いてあった「死ぬほど頑張ってください(笑)」というコトバが
本当に冗談になるようにがんばりたいものだ、とかなんとか思っているといつのまにか
全練がはじまってしまっていた。

思えば私の不幸はこのときからすでに始まっていたのかもしれない。

(゜⊿゜)(指揮者の先輩)「じゃ、最初はネオメロドラマティックからやってください。」

なんだって?
よりによって私が一番できていないガタガタの曲から始まるとは・・・・
ま、人生晴れたり曇ったりだ(最近は曇ってばかりの気がするが)
ダメそうならエアーマンドリンでいくしかあるまい、と私は腹をくくった。

が、結論から言うと、やっぱりダメなものはダメだった。
私は終始ほとんど弾けていなかったので、うつむいて
丸い背中をますます丸くしていた。
しかし、さらに追い討ちをかけるように普段あまり部活を見に来ないはずの
顧問の先生がやってきて、ちょうど私の後ろで演奏を聴き始めたのだ。
そして私は完璧にマンドリンを抱えた石像と化し、
やっと石化が解けたときにはもう次の曲に入っていた。
という散々な目に遭いながらも、なんとかひととおり文化祭の曲を弾き終わり、
午前の練習は終了した。

お昼にしていいと言われたので、
道中で買ったコンビニおにぎりをほおばりながら、ファーストの(´・ω・`)ちゃん(仮名)
の話を聞く。
(´・ω・`;)「昨日は3時まで練習してたんだけど全然弾けてないや・・・
       どうしよう・・・・。」
自分「ちょwww3時って・・確かに『死ぬほど頑張ってください(笑)』
    って書いてあったけど、いくらなんでもがんばりすぎでは・・・
    それに、親御さんになにか言われたりしなかったのかい?」
(´・ω・`)「うん。あ、弦にティッシュ挟んで練習したから音はほとんど
       出なかったよ。」
自分「いや、そういう問題ではなく・・・(´・ω・`)ちゃんはそんなに遅くまで
   練習してて、体は大丈夫?」
(´‐ω‐`;)「ダメっぽい・・・目がしょぼしょぼするよ・・・」
自分「やっぱり、そんなに遅くまで体をこわすほど練習するより、
    部活の時間とかまだ日が出てるうちに練習したほうがいいと思うよ。
    最終的には音出して練習しないとあんまり意味ないと思うし・・・・」
(´・ω・`)「そうだよね・・・やっぱり練習の仕方が悪いのかなあ・・
       先輩にも『練習の効率が悪い』って言われたし・・・」
自分「いや、そんなに悲壮にならんでも・・・・(´・ω・`)ちゃんは十分練習してるって!
    あんまり考えすぎないほうがいいよ。」

本当に、(´・ω・`)ちゃんの爪の垢を煎じて飲みたい。
かわりに私のサボり菌をすこし移植してあげたい気分だ。
そうでもしないと(´・ω・`)ちゃんはいつまでも無茶を続けてしまいそうで怖い。
どうか(´・ω・`)ちゃんも今日くらいは練習をてきとうに切り上げて
ちゃんと寝て欲しいと思う。

そんな悲壮感の漂う話題を切り替え、他愛もないおしゃべりに興じていると、
いきなり近くにいたギターの二人が笑い出したので、「なんか面白いことでもあった?」
と聞いてみた。すると、「今、バミトントン部って言ったでしょwww」と私を指差して言うので、
めんどくさいと思いつつも説明する。「なんか、クレヨンしんちゃんでしんちゃんが
『バトミントン』を『バミトントン』って言ってたのを聞いて、なんか語呂がいいから
なんとなく『バミトントン』で定着しちゃったよ。」と私が言うと、
「あ、なるほどねwwwアハハハwww」とか言って周りの人たちまで大爆笑していた。
なんか、たいしてウケを狙ったわけでもないのに意外と皆さんに大ウケ(?)
していたので、これからも皆さんのツボにハマる一言を追及していこう、と思った。


意外と午前だけで長くなってしまったので、後編につづく。


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック