電脳コイル最終話 感想

いい最終回だった!

・ミチコさんの正体がちょっと意外でしたね・・・
 嫉妬パワーおそるべし。

・フミエちゃんが空気だった・・

・ヤサコってけっこうやなヤツかも・・

・イサコの最後の台詞はよかったですね。
 ただ、同じ道を迷ったとき、って、
 また同じ人を好きになって愛憎のバトルを
 繰り広げたりとか・・・?と思ってしまいました。

・サッチーはいい役だったなあ・・
 
・やっぱりこういうのって
 全員関係者なんですよね・・・
 オジジ、オババ、お父さん、全員重要人物でした。
 あとハラケンも。
 タケル君最強説・・・

・あの4423がいた空間は、
 なんというか、うみねこでいう黄金郷みたいな
 感じがしました。
 
 
ニンゲンが宇宙を生み出すための最少人数は、2人。
 それが崩れれば、世界は滅ぶ。
 黄金郷に引き篭もった魔女を引き摺り出すには、この世界を滅ぼさなければならない。


 まさにこのEP4の記述がぴったりくる。
 
 ベアトリーチェ=ミチコ(イサコ)
 縁寿=ヤサコ
 真里亞=イサコ
 さくたろ=おにいちゃん

 みたいな。たぶんコレ見てくれてる人は
 うみねこ知らない確率が高そうですが、一応。

 逆に、ここからうみねこの今後の展開が
 見えるかもしれません。

 黄金郷というのは、傷ついたものの心を癒す空間。
 戦人の罪というのは、その黄金郷を壊してしまうような、
 何らかの行為、だと思います。

 電脳コイルで言うと、ヤサコがお兄ちゃんにしたキス。
 あれがヤサコのある意味、罪でした。
 あんな感じのことが過去にあったんじゃないかなー、と
 思います。

 って、電脳コイルの感想からずいぶん離れましたが、
 とにかく、いい最終回だったと思います。




 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック