ミイラパパホラーショー

画像



実は某所に先にUPしてきたものを
ここにもUPしました。
なかなか再現度高い気がするんですが、
いかがでしょうか?
(自画自賛乙)


本当は今日、いましがたGIRLのペーパークラフトが
完成したのでそっちを記事に書こうと思ってたんですが、
なにぶん当方のメンタルゲージが風前のともしび状態でして、
とてもちゃんとした文が書けそうにありません。
(暗闇+ナーバスがそろそろ混乱になりそうな・・・)


なので、BOYの話でも書いてちょっとだけ回復しよっかなと
思ってます。
じゃあ、あとはまあ自己満足の世界なので
適当に聞き流してやってください。



なんというか、自分がゲームのキャラ(マンガ・アニメ)に
ハマる時は三つの要素があって、

1:キャラがかわいい
2:ゲームの音楽がよい
3:ハマってからその後何度も名前を目にする機会がある
  (あまり本編に関係ないところで)

3が一番重要でして、これがあるとその後
一年くらいはずーっとそのキャラのことばかり考えて過ごす
アブナイ日々を送ることになります。

たとえば、MOTHER3のリュカ。
1、2は文句なしでそうだったんですが、
小説「悪童日記」の続編、「ふたりの証拠」で、
主人公の名前がリュカで、
作中何回も連呼されるわけです。

あえて本編に関係ない(ともいえませんが)ところで
何回も名前を目にすることで、
「これは運命だろ」と勝手に思い込んでしまうわけです。
(なんかの本に、そのようなことが書いてあった気がします)


で、それはもちろん彼にも言えることです。


たぶん、自分が英語をけっこう扱う学科にいなければ、
こんなにハマってしまうことはなかったと思います。
(あるかもしれないけど)

今日だってもう20回くらいは見ました。
すごく難しい抽象的な話とか学術論文じゃなければかなりの確率で
色んなテクストに紛れ込んでます。

恐るべし、BOY。


あと、これは経験にもとづいての話なんですが、
最近の座右の銘は「ボーダーは正義」です。
(「かわいいは正義」のパクリ)

あんまりボーダーシャツ着てる人に超悪人は
いない気がするんですが(自分の知る限り)
どうなんでしょうか・・・・・・
(ジェームスとかはちょっと悪人というか
 小悪魔的ですが)


ああもう頭が完全におかしくなりそう・・・・・

かゆ、うま


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック