ひぐうみライブEP2レポート その4

結論:「うみねこは文化」
もう一週間経ちましたが、かなり鮮明に覚えています。
では、ドキドキのトークショーの模様をお伝えします。
前回はこちら


椅子が5つならび、右からsunnyさん、ラック眼力さん、
そして・・・・・・この方は・・・・・・・・・・
もしかしてdaiさん?
なんとなく、平井堅の雰囲気をもっとやわらかくしたような
印象を受けました。(全然ちがうよ、という気もしますが、
たぶんニットベスト着ていらっしゃったからそう見えたんだと思います)

この方がうみねこを彩る数々の名曲を生み出して
くれたのだなあ・・・・・と思うと、
この場にいられた幸せをひしひしと感じました。

そして、1つ空けて佐倉かなえさんが着席し、(たしか)
やっぱりこの席は・・・・・

改めてメンバー紹介。

そして、ついに・・・・・
竜騎士先生登場!!
キャー、と歓声はあげませんでしたが、
すごい、すごいぞ!!と感動にうち震えておりました。

だって、考えてみたらこれはすごいことですよ。
今までワーとかおお、とかギャーとか言いながら
プレイしていたうみねこの生みの親が
自分の半径10m以内にいるなんて・・・・・・
信じられない・・・・色々。
目の前の方々がすごすぎて、今書いていてもちょっと
クラクラしてきました・・・・・・・

ラック眼力さんは、魔女魔女しい曲で毎回震えあがらせてくれましたし、
(EP1プレイした時、「胡散の香り」がすごく大好きで、
 それでうみねこに本格的にハマりました。)
sunnyさんは旋律、activepain、discodeと、
各エピソードの最後を飾る素晴らしいエンディング曲の
作詞をなさった方ですし、
佐倉かなえさんは先ほど素晴らしい歌+ベアトを熱演されていたし・・・

もう、ボキャ貧なのが悔やまれますが、
本当にすごかったです。



で、肝心のトークショー本編ですが・・・・・

佐倉さんの司会で、確か最初に
同人活動を始めたきっかけについて、という話題になりました。

sunnyさん、ラックさんは、バンドをやっていたんだけど
なかなか芽が出なくて同人活動にシフトした、という感じの
回答でした。
(でも今はすごく支持されてますし、この選択をしてくれて
 本当によかったと思います)

daiさんは、ひぐらしがきっかけ、とおっしゃっていたような・・・
(すみません、記憶がとびました。
 詳しくはほかの方のレポートをご覧ください)


で、竜騎士先生は・・・・・・
たぶん雑誌とかのインタビューなんかにも
ある話だと思いますが、
自分は初めて聞いて、感動したのでまとめます。

いい話風にまとめると・・・・・という前置きにはじまり、
7年前(だったかな?)、竜騎士先生のお友達が
舞台をやるんで見に来てほしい、と招待され、
見に行かれたそうなんですが、
そのとき、友達はみんな舞台の上で違う人間に
なりきって演じていて、竜騎士先生は舞台のこっち側にいる・・・・
という状況に、「自分も舞台のあっち側に立つんだ」という
思いがつのり、
「自分も文なら書ける!」と思い、

さっそく帰ってからその日のうちに
脚本を書き始め、それでできたのが、
「雛見沢停留所」というひぐらしの前身にあたる作品だったそうです。

結局持ち込みして没になったそうですが、
その後「ひぐらしのなく頃に」としてリリースされ、
ブームに火が付き、今に至る・・・・・・

と、そんな感じでした。
うーん、いい話だ・・・・・・


このあとは時系列とかあまり気にせずに書くのですが、
次はたしかうみねこで好きなキャラはなんですか?という
話になりました。

sunnyさんは熊沢さんが好きらしいです。
たまにはサボったりするけど、息子のために一生懸命がんばっている
おばあちゃん、というのがすごくグッとくるらしいです。
変身前と後ではどっちが好きですか?と聞かれて
当然前です、ときっぱり言い放ったのがかっこよかったです。
CDのジャケ絵を熊沢にしよう、と言ったらみんなに止められた、
みたいな話が笑えました。


ラックさんは秀吉が好きだそうで、
なんかあの包容力、というか普通にいい人なところがいい、とのこと。
わかるなあ・・・・それ。

佐倉さんは南條先生が好きだそうで、
うちの妹も南條先生好きなので、振り返ったらすごく
うれしそうな顔をしていました。


daiさんは、戦人とか普通にかっこいいですよねー・・・
と言ったあと、なんだったっけ・・・・・
えーっと、すみません。なぜかdaiさんのところは
霞がかかったように思い出せないんです・・・・・

でも、個人的な印象ですが、daiさんはさくたろうみたいな
方でした。登場BGMは「さくたろうの頑張り物語」で決まり!
と、勝手に心の中で思いました。
(失礼きわまりない発言をお許しください・・・・)

あと、いつ出てきたか忘れましたが、
ラックさんが、「最近仲間うちでdaiごっこが流行ってるんですよ」
という発言をされて、
「大変申し訳ありません・・・」と小さくなりながらdaiさんのモノマネを
されていて、会場も大爆笑。
daiさんがすごく恥ずかしそうにもだえてらっしゃいました。
「Luck Vandのみんななんかもっとうまいですよ。
 電話とかでよくやります。」
の発言にさらに小さくなるdaiさんでした・・・・・・・

その後、ラックさんは「もちろん、リスペクトはしてますよ。
最初の頃なんか、曲にコメントもらって本当に感激しましたし・・・」
と、そのような主旨のフォローもちゃんとされていました。

あと、daiさん関連のエピソードとして、
「今着ているベストを下に着ていたことがあるんですよ。」
という衝撃の発言。
なんでも真相解明読本のインタビューの時に
ランニングかなにかと間違えて下に着て行ったそうで、
「なんかチクチクしていたいなー、と思ったんですけど・・・
 高校はこういうおしゃれなベストが制服じゃなかったので・・・」
天然なdaiさんに観客は癒されまくりでしたよたぶん。

で、またここでdaiさん関連のエピソードですが、
作曲のスタイルは?という質問で、
まず48時間眠り続け、頭のなかをからっぽにしてから
作曲に臨むそうです。
自分はアラックリホルダの対談でその話は知ってたんですが、
先ほどの天然なエピソードとは裏腹に、けっこうハードな
方法で作曲されていらっしゃって、やっぱりすごい、と思いました。

本当にdaiさんはみなさんに愛されている素敵な人だな、と
思いました。


他にも書きたいことは山のようにあるのですが、
とりあえず、思いついたらまた追加する、というスタンスで、
みなさんが一番気になるであろうEP6の話をお伝えします。

EP6は、やっぱり暗い話になるようです。
GMになった戦人が、自分が作り上げたゲーム盤を
ベアトにも見てもらいたいんだけど、
ベアトはいない・・・・・・・・・・・という状況が、
今の、BTさんを失った竜騎士先生の心境にぴったり重なり、
すごく竜騎士先生の心情が表れてくるようなEPになるかも・・・
という話でした。

EP4の執筆風景なども話してくださいましたが、
そのときもいつも傍らにBTさんがいらっしゃったそうで、
今回、BTさん不在で作り上げる初めてのEPがどのような
展開になるのか・・・・・・・
佐倉さんの、「今もBTさんはたぶんあの辺(2階席のあたりを指して)で
見守ってくれてますよ!」というコメントに、
みなさん2階席のほうを見上げる・・・・・・・という一コマも
ありました。

あと、今daiさんに送ってもらったEP6の新曲、
まだ題名がdai001という感じで未定の曲らしいんですが、
それがすごくいい曲で、
執筆スピードが上がって、その日は字数が5ケタいったそうです。
すごい・・・!

あと、作曲家さんたちに「儚い系の曲をお願いします」と
おっしゃってました。
これでだいぶEP6の雰囲気がわかってきたような・・・・



そして、気になる今後の展開についての話が・・・・・


今のところ、バッドエンドとハッピーエンド、両方の結末を
用意しているそうです。
どちらにするかはまだ決めていないそうで、
その場で、「ハッピーとアンハッピーどっちがいいですか?」と
聞いた結果、ハッピー派のほうが多く、
「じゃあアンハッピーにしようかな・・・・・・・」
とのコメントに、もう一回とりなおしたら、若干アンハッピー派が
増えて、「じゃあハッピーにしようかな・・・・」と、
なんとも気になるコメント。

結局、竜騎士先生の判断にすべてはゆだねられて
いるようです。
ただ、今回のトークショーから、自分的に、
竜騎士先生は「裏切りの魔術師」の称号をもっていらっしゃるので、
ハッピーでもアンハッピーでも絶対にこっちの予想を
見事に裏切ってくれると信じています。



とにかく、まだ書いていないエピソードも多々ありますが、
そんな感じでトークショーは終了し、
最後に戦人から、「家に帰るまでがライブだから、
気をつけて帰ってくれよな!」とうれしいコメントをもらい、
みなさん帰途につかれました。
会場の出口で出演者のみなさんが見送ってくださっていて、
すごく感激しました。

最後は竜騎士先生風にいい話でまとめると・・・

で、帰る時にふっと空を見上げたら、冬の大気にすごく月が輝いていて、
星もきれいで、おおおおお!と思い、
これも今夜のライブが素晴らしかったからに違いない!と
勝手に思いました。

そして、月を見上げて、
「今日のライブは素晴らしかったです。竜騎士先生、
 出演者のみなさま、そしてBTさん、
 自分はチキンなのでせっかく出口でお礼を言える機会を
 逃してしまったので、ここでそれに代えさせて
 お礼をさせてください。どうもありがとうございました!」
と、心の中でメッセージを送ってきました。
(これはあとづけとかじゃなくて本当にそうでした)


と、いうわけで、大満足、大迫力のライブの模様を
伝えられるようにつたない筆を走らせましたが、
これで皆さんにも楽しさがすこしでも伝わり、
次回開催につながること、それだけが、私の望みです。




そして、私も、今回のライブに触発されて、というか少し前からそうでしたが、
舞台に上がらせてもらいます!

出演者のみなさまが告知していたので、
便乗して告知させてもらいますが、
不肖、わたくしも、来年2月14日開催の
うみねこ魔女側オンリーに参加する予定です。
うみねこキャラ、片翼の鷲の消しゴムはんこを
販売する予定なので、もし行かれる予定のある方は
よろしければ立ち寄ってみてください。


詳細は下記サイトにて・・・

画像










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック